自動売買とはどんな投資方法?【FX・ETF・仮想通貨のラクラク運用】

自動売買とは
カエルくん
カエルくん
自動売買って、そもそも何なん?

こんな疑問にお答えしますね。

まず「自動売買」とは名前のとおり、FXや投資信託などを自動で売買できるサービスです。

自動売買の特徴として、

  • 投資の専門的な知識や経験がなくても、簡単に始めることができる
  • 投資に付きっきりにならなくても、プログラムが勝手に売買してくれる
  • 勝つか負けるかのバクチではなく、安定した利回りが期待できる

といったことが挙げられます。

  • 投資には興味があるけど、今から勉強するのは辛い
  • 普段の生活が忙しくて投資に割いている時間がない
  • ハイリスクハイリターンなものじゃなくてコツコツ資産を増やしていきたい
キザルくん
キザルくん
こんな風に考えている方にはぴったりな投資戦略ですよ。

僕は本業でごく平凡なサラリーマンをやっている傍ら、ローリスクな自動売買で健全に資産を増やしています♪

本業に支障が出ることなく、副業の投資で安定的に稼げるとか最高すぎますよね。

この記事では自動売買の基本を解説していきます。

自動売買とは

最初に「自動売買とはどんなものか」について説明します。

投資は「裁量トレード」と「自動売買」に分類

まず、投資の手法は大きく、

  1. 裁量トレード(自らの意志で売買する仕組み)
  2. 自動売買(設定したルールに従い、自動で売買される仕組み)

この2種類に分類できます。

株やFXでよく聞く「デイトレード」や「スキャルピング」は、売買の最終判断は利用者自身。

なので、これらは裁量トレードに含まれます。

一般的に知られている投資手法は、ほとんど裁量トレードってイメージでOKだと思います。

確かに自動売買なんて知らんかった!
FX自動売買システムFXの取引方法

「裁量トレード」と「自動売買」の仕組みや特徴

「裁量トレード」と「自動売買」の、両者の大まかな仕組み・特徴は下表のとおりです。

裁量トレード
  • 注文画面を見ながら、自らの判断で売買を行う
  • 投資や専門的な知識や経験が必須
  • 相場の状況に従って臨機応変な売買ができる
  • 売買が感情に左右されるケースがある
  • 注文画面にたびたび付きっきりになる
自動売買
  • 注文は、売買条件を設定したプログラムを発注するだけ
  • 投資や専門的な知識や経験が不要
  • プログラムの条件を満たしたとき、自動で売買が実行される
  • プログラムは自動売買業者が提供するものがあれば、利用者自身で設定するものもある

この表を見て、

自動売買の方が裁量トレードよりも敷居が低くて、簡単に始められそう!

って思うかもしれませんね。

まさにその通りです。

裁量トレードでは為替相場などの値動きを予測が必要なのに対し、自動売買は機械的な売買を繰り返すのみ。

投資経験がなくとも簡単に始められるし、相場の良し悪しで心身が消耗することも少ないので、

メンタルにもとっても優しい♪

って感じです。

自動売買の特徴

自動売買の特徴を詳しく見ていきましょう。

裁量トレードでは実現できない複雑な注文が可能

例えばFXで「100.0円で買って101.0円で売るIFD注文」という裁量トレードを、自動売買では、

  1. 100.0円で買って100.1円で売るIFD注文
  2. 100.1円で買って100.2円で売るIFD注文
  3. 100.2円で買って100.3円で売るIFD注文
  4. 100.3円で買って100.4円で売るIFD注文
  5. 100.4円で買って100.5円で売るIFD注文
  6. 100.5円で買って100.6円で売るIFD注文
  7. 100.6円で買って100.7円で売るIFD注文
  8. 100.7円で買って100.8円で売るIFD注文
  9. 100.8円で買って100.9円で売るIFD注文
  10. 100.9円で買って101.0円で売るIFD注文

こんな感じで分割するように注文することが可能です。

んん?ただ分割しただけで、結果同じことでは??
そんなことないよ!

この注文方法により、僅かな為替相場の変動で利食りぐいできるんです。

利食いとは?

保有している外国通貨を決済して、利益を確定させること。

下図のようなイメージですね。

FX自動売買システム注文を分割した方が、僅かな値動きでも売買が成立する

さらに、自動売買ではこのIFD注文を繰り返して注文することができます。

為替レートが100円から101円まで一気に上がった時には利益は同じですが、その価格帯でレートが行ったり来たりしている間は、下のような売買が行われます。

FX自動売買システム上がり下がりするほど利益が出る
矢印根元を「買」、先端を「売」とします。

ちなみにこのとき、裁量トレードのIFD注文は一度しか売買が成立していません。

トータルの利益では自動売買が上回るのは明らかですね。

FX自動売買システム裁量トレードのとき

このように自動売買では、ひとつひとつの利益は少なくても、それを数多く発生させていく戦略が運用できます。

フルスイングでホームランを狙うんじゃなくて、コツコツとヒットを量産していく感じ。
なるほど!

それでいて、一攫千金よりもコツコツ安定型の方が利益を出せるのが凄いですよね。

こんな夢のような利益を出した売買設定は、裁量トレードで実行するのは複雑すぎてほぼ不可能。

自動売買だからこそ、できる戦略なんです。

専門的な知識や経験がなくても売買できる

裁量トレードでは、取引する通貨ペアの値動きに見通しを立て、売買をします。

先ほどの例でいくと「100.0円で買って101.0円で売る」といった感じですね。

FX自動売買システム裁量トレード

この見通しを立てられるようになるには、FXや株、仮想通貨の経験と知識は必須です。

さらには、経験と知識が豊富だとしても予測が外れることは多くあります。

一方で自動売買は決められたルールに従い、機械的に売買を繰り返すのみ。

100.0円〜101.0円の間で繰り返す自動売買」を発注するというような、ざっくりとしたものでもOK。

あとはその仕掛けた価格帯のなかで、レートが変動さえすれば勝手に利益が発生します。

FX自動売買システム自動売買(リピート系)
同じ100円〜101円の売買でも、考え方は全然違うんだね。
このとき「円高になる?円安になる?」といった予測は全然やってないからね。

このことから、自動売買は投資の未経験・初心者でも運用できて、おすすめな手法だと言えます。

注文画面を見続けなくて良い

自動売買では、最初に売買プログラムを注文してしまえば、基本的には放置でOKです。

  • 注文したプログラムが思惑通りに機能しているか
  • 売買の設定を間違っていなかったか

こういった最低限の動作確認は必要ですが、動いているプログラムに手を加えるような作業はありません。

これは裁量トレードと比べて、パソコンやスマホの注文画面に向き合っている時間が圧倒的に短いです。

さらに裁量トレードではリアルタイムの為替相場を見ながら、売買するかどうかを自分自身で判断するので、

感情に左右され、注文に迷うときもめっちゃある!

もちろん迷った結果、成功するトレードもあります。

でも、そこでさらに発注画面を見続けなきゃいけないね。。

一方、自動売買で運用している投資は、注文画面に付きっきりになることもありません。

いちど注文してしまえば24時間、食事しているときも寝ているときもプログラムは稼働してくれます。

本業のお仕事が忙しい方にとっては、副業で運用していく投資手法に適している仕組みですね。

自動売買まとめ

以上、自動売買の基礎知識の紹介でした。

最後にもういちど特徴をまとめておきます。

自動売買の特徴
  • 投資の専門的な知識や経験がなくても、簡単に始めることができる
  • 投資に付きっきりにならなくても、プログラムが勝手に売買してくれる
  • 勝つか負けるかのバクチではなく、安定した利回りが期待できる

今から投資の勉強をするくらいなら、自動売買でお手軽にサクサク稼いでみてはどうでしょうか?

本業が忙しくても、副業の投資で安定収入が目指せますね♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上です。