投資の基礎知識

FXの逆指値注文とはどんな注文方法?【使い所やメリット・デメリット】

カエルくん
カエルくん
FXの「逆指値注文」ってどんな注文方法?
どういう特徴があって、メリット・デメリットにはどんなことがあるの?
キザルくん
キザルくん
こんな疑問を解消していくよ!

FXを始めたばかりの方は「FXにはどんな注文方法があって、それぞれどんな特色があるのか」でお悩みかと思います。

FXには様々な注文方法がありますが、「逆指値注文」を知っておくと取引のバリエーションがぐんと増しますよ。

今回この記事では、

  • FX取引での逆指値注文とはどういうものか
  • 逆指値注文の特徴や使い所
  • 逆指値注文のメリット・デメリット

といった「FXの逆指値注文とは?」について、あれこれ解説していきます。

「これからFXを始めたい」「最近FXを始めたばかり」といった方々にもやさしい記事となっていますので、安心してご覧ください。

それじゃ、始めるよっ!

FX取引の逆指値注文とは?

FX取引の逆指値注文とは

FX取引の「逆指値注文」とはどんな注文方法なのか?

ここで、まずは「指値注文」について考えてみましょう。

指値注文とは、

  • 「買」注文では、いま現在の為替レートより安い価格で発注する
  • 「売」注文では、いま現在の為替レートより高い価格で発注する

と、こんな注文方法ですよね。

FX取引の逆指値注文とは指値注文

そして、逆指値注文を簡単に説明すると、指値注文とまったく正反対の発注をします。

つまり逆指値注文では、

  • 「買」注文では、いま現在の為替レートより高い価格で発注する
  • 「売」注文では、いま現在の為替レートより安い価格で発注する

といった注文方法です。

FX取引の逆指値注文とは逆指値注文
ほんと正反対だ。
「指値」の「逆」だから「逆指値注文」ね。

逆指値注文とは、どういう場面で役立つ注文方法?

FX取引の逆指値注文とは

物事を売買するには「安く買って、高く売る」方が利益が大きいはず。

それはFXの世界でも同じです。

じゃあ、なんであえて悪い条件で注文するの?
って思うじゃん?

実は、逆指値注文が役に立つ場面はけっこうあるんです。

下の状況を例に、逆指値注文の使い所を説明していきます。

逆指値注文の使い所
  • 損失の拡大を防ぎたいとき
  • 利確を維持しつつ、更なる利益を狙いたいとき
  • トレンドの転換を捕まえたいとき

では見ていきましょう。

損失の拡大を防ぎたいとき

まず、いま現在のFX取引で含み損を抱えているとします。

FX取引の逆指値注文とは含み損を抱えている
含み損とは?

いま保有している通貨を決済した時に発生する損失のこと。

現状の含み損はまだ許容範囲だとしても、今後の為替レートの動きではさらに多額の含み損を抱えるかも知れません。

そうなる前に「この損失までなら許容できるけど、それ以上は無理!」という価格で決済注文を発注しておきます。

これは、いま現在の為替レートよりも悪い条件になるので、逆指値注文での発注になりますね。

FXではこの逆指値注文のことを「損切り」と呼びます。

FX取引の逆指値注文とは逆指値注文で「損切り」を設定

損切り設定で決済されると損失こそ出てしまいますが、許容限度を超える大きな被害は抑えることができます。

FX取引の逆指値注文とは損切りで決済されて、これ以上の損失を抑えた
決済された時に失う金額が、事前に分かってるってのもいいね。
資金管理的にも精神的にもやさしい設定だよ。

設定金額になったら自動的に約定するので、常に為替レートやチャート画面をチェックできない時でも安心ですね。

理想としては、損切りで決済されないのが一番なんですけどね笑

FX取引の逆指値注文とは損切りになるまでに上昇してほしい。。

というわけで損切りは、FX取引のリスク管理としてよく用いられる設定です。

「損切り」は「ロスカット」とも呼ばれますが、「強制ロスカット」を「ロスカット」と言うこともあります。

どっちやねん!
紛らわしいので当ブログでは「損切り」で統一しますね。

利確を維持しつつ、更なる利益を狙いたいとき

これも考え方としては「損切り」と同じことです。

損切りの利益出てるバージョン
どういうことだ?

先ほどとは逆に、いま現在のFX取引で含み益があるとします。

FX取引の逆指値注文とは含み益の発生中
含み益とは?

いま保有している通貨を決済した時に発生する利益のこと。

このとき、

もっと利益が出るかも知れないから、まだ決済しないで様子を見たい。でもその結果、反発して含み益がなくなるのはもったいない。。

って思いますよね。

こんな時にも逆指値注文が有効で、現在の為替レートより少しだけ悪い条件で設定しておきます。

FX取引の逆指値注文とは逆指値注文を発注

そうすることで、含み益が大きくなるときには、逆指値注文の設定値には触れず、利益はどんどん膨らみますね。

FX取引の逆指値注文とは上昇するときには、逆指値注文で決済されず

逆に為替レートが悪くなり、逆指値注文の設定ラインに到達すれば決済となります

この場合でも利益になるのは確定です。

FX取引の逆指値注文とは下落が始まれば逆指値注文で決済

というように逆指値注文を発注しておくことで、含み益の拡大を望みつつ、下落したときには即決済できるような保険をかけている状態です。

このとき、含み益が拡大している間は、逆指値注文の設定値を押し上げていけば、決済されたときの利益もどんどん上がっていきますね。

この逆指値注文のことを「トレール」と呼びます。

FX取引の逆指値注文とは逆指値注文での「トレール」

トレンドの転換を捕まえたいとき

先ほどまでは決済時の逆指値注文の設定方法でした。

ここでは新規注文での例です。

FXで新規注文を発注する時は、「成行注文」にしても「指値注文」にしても、そのタイミングはなかなか難しいものです。

絶対に成功する新規注文の入り方教えて。。
それはFXの取引経験いくら積んでも永遠の謎。

新規注文でもっとも理想なのは、チャートが「底」や「天井」で約定やくじょうするときですよね。

約定(やくじょう)とは、FX取引において売買が成立すること。
FX取引の逆指値注文とは理想はここで売買したい
でもそれって後になってわかることで、リアルタイムでは判断できないよね。
た、確かに!
FX取引の逆指値注文とはリアルタイムで「底」「天井」を見極めるのは困難

なので、この後も下落し続けるかもしれない①の時点で売買するのはかなりのギャンブルですね。

そこで反発したときだけ注文できるように、下落中の為替レートが少し上昇した価格で新規注文を発注します。

これは現在よりも条件が悪くなるので逆指値注文ですね。

FX取引の逆指値注文とは上昇する側に逆指値注文

このあと反発することなく下落が続けば、逆指値注文の設定価格に触れることがありません。

今回の注文とは無縁です。

FX取引の逆指値注文とは下落していくときは新規注文が発注されず

ですが、もしここで反発したら新規注文が約定し、その勢いのまま大きな利益を得ることもあります。

FX取引の逆指値注文とは反発して上昇が始まると新規注文される

逆指値注文ではこのように、よりリスクの少ないやり方でトレンドの転換を捕まえることも可能です。

もちろん約定した後に、もう一度下落していくこともあります。

こんな時には「損切り」が役立ちますね。

FX取引の逆指値注文とはロスカットは忘れずに。。
逆指値注文ゴリ押しだな。
けっこう使い道あるでしょ?

逆指値注文のメリット

FX取引の逆指値注文とは

前章で紹介した逆指値注文の役立つ場面に加えて、たくさんのメリットがあります。

逆指値注文のメリット
  • 為替レートやチャート画面の監視が不要
  • 感情に左右されない

以上のことは逆指値注文に限らず、指値注文でも共通したメリットです。

順番にみていきましょう。

為替レートやチャート画面の監視が不要

逆指値注文は注文価格を設定して発注するスタイルなので、あとは為替レートがその価格に動くまで放ったらかしでOKです。

リアルタイムで発注する成行注文では、自分の注文したい価格になるまで、

じーーーーーーーーーーーっ

とパソコンやスマホ画面の前で待機しなければなりません。

わりと地獄。。

なので逆指値注文は、為替レートやチャート画面を常時見ることができない、サラリーマンや主婦の方にも利用しやすい注文方法です。

感情に左右されない

成行注文では、希望の価格になったとしても「注文する?しない?」の最終的な判断は自分自身で下すことになります。

このときに、

もっと待っていれば、さらにいい条件になるかも。。

という心理が働き、なかなか注文に踏み切れないことがよくあります。

永遠に取引画面の前か離れられない。。

そして注文を見送った結果、「結局あのとき注文しときゃ良かった。。」となったときのショックは相当大きいです笑(体験談)

一方、逆指値注文では設定した価格になったとき、機械的にスパッと注文が実行されます。

そこに人間の感情はいっさい影響しないので、完全ストレスフリー。

損切りになっても、案外わり切れる。

時間的にも精神的にも、逆指値注文の方が合理的だと言えますね。

逆指値注文のデメリット

FX取引の逆指値注文とは

メリットだけではなく、逆指値注文にはデメリットもあります。

逆指値注文のデメリット
  • 成行注文、指値注文に比べると利益は少なくなる
  • 損切りが裏目にでる場合がある

こちらは逆指値注文に特有なものです。

それぞれ見ていきましょう。

成行注文、指値注文に比べると利益は少なくなる

逆指値注文は「いま現在の為替レートよりも悪い条件になる価格で発注する」注文方法でした。

なので、成行注文や指値注文よりに比べると、1度の売買での利益は少なくなる注文方法でもあります。

FX取引の逆指値注文とは最大限の利益は狙えない

発注価格を、現在の為替レートから遠ざけるほど、見込める利益も減っていきますね。

FX取引の逆指値注文とは安全側の度が過ぎると僅かな利益にしかならないことも
ときには「なんじゃこりゃっ!」って僅かな利益しか出せないことも。
安全策をとってる分、仕方ないのかね。。

損切りが裏目にでる場合がある

例えば、米ドル/日本円を100円で取得し、損切りのために99円で逆指値注文を発注したとします。

FX取引の逆指値注文とは1米ドル99円で損切り

そして99円にまで下落し、損切りラインに到達したので決済注文が約定しました。

FX取引の逆指値注文とは損切りでの決済
あー、助かった助かった。

と思っていたら、この後に為替レートがぐんぐん上昇し始めました。

FX取引の逆指値注文とは決済後に上昇し始めた

ここでは既に損切りの決済をしているため、当然この上昇による利益は何もありません。

結果だけ見れば「100円で買った米ドルを99円で売った」それだけですね。

損切りしなければ、損失がなくなるどころか大きな利益が発生していたのに残念です。

がびーん。
損切りの設定価格はホント悩みどころ。。

FX取引での逆指値注文とは?|まとめ

以上、FX取引の注文方法のひとつ「指値注文とは?」に関する解説でした。

まとめると、

  • 逆指値注文とは、いま現在の為替レートより悪い条件での売買価格を指定して注文する方法
  • 損切り」や「トレール」など、成行注文や指値注文ではできない注文方法が逆指値注文では可能
  • 為替の値動きによっては、逆指値注文が不利に働く場合もある

って感じです!

逆指値注文の「あえて悪い条件で注文する」のは、最初は理解しづらいかも知れません。

でも、習得できれば色々な戦略でFX取引ができるよ♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

以上です!