投資の基礎知識

FX取引の注文方法7種を紹介【基本から応用までこれは理解しよう】

FXの注文方法
カエルくん
カエルくん
  • FX取引にはどんな注文方法があるの?
  • 注文方法ごとにどんな特徴があるか教えてよ
  • それぞれの注文方法はどんな人におすすめなの?
キザルくん
キザルくん
こんな疑問を解消すしていくよ!

FXを始めたばかりの方は、注文方法について多くのお悩みがあるかと思います。

今回この記事では、

  • FX取引で覚えておきたい7種の注文方法
  • それぞれ注文方法の、使い所や特徴、おすすめポイントなど

といった「FX取引の注文方法」について、あれこれ解説していきます。

基本的にはこの7種さえ押さえていれば、FX取引の注文方法で困ることはなくなるはずですよ。

それじゃ始めますっ!

FX取引の注文方法|基本から応用までの7種

まずは、この記事で紹介するFX取引の注文方法は下のとおり。

FX取引で覚えておきたい注文方法
  1. 成行(なりゆき)注文
  2. 指値(さしね)注文
  3. 逆指値(ぎゃくさしね)注文
  4. IFD(アイ・エフ・ディー)注文
  5. OCO(オー・シー・オー)注文
  6. IFO(アイ・エフ・オー)注文
  7. トレール注文

ざっくり分類するとこんな感じです。

基本の注文方法
  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
応用の注文方法
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFO注文
  • トレール注文

それでは順番に見ていきましょう。

【成行注文】リアルタイムで売買する注文方法

FX取引の注文方法

成行注文とは、売買価格を設定せずに発注するシンプルな注文方法です。

設定価格がないため、成行注文で発注するとすぐに約定やくじょうします。

約定(やくじょう)とは、FX取引において売買が成立すること。
FX取引の注文方法成行注文
スピード感抜群な注文方法!

発注から約定までが瞬時に成立する成行注文は、リアルタイムで為替レートを見ながらの取引に向いていますね。

まさに「成行に任せた注文方法」なんだね。
その他の注文方法では「この価格で注文する」と必ず売買価格を設定するので、注文から約定までに時間がかかります。

というわけで成行注文は、

  • いま現在の為替レートで直ちに新規注文を約定させたい
  • いますぐ決済して利益を確定したい
  • いますぐ決済して損失拡大を防ぎたい

このように、新規・決済注文で、とにかく今すぐに注文を約定させたい時に用いる注文方法です。

FX初心者の方は為替レートやチャート画面を見ながら、FX取引を勉強する機会も多くなるかと思います。

注文設定もシンプルなので、まずは成行注文から始めてみるのがおすすめですね。

成行注文について、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

【FXの始め方】成行注文とはどんな注文方法?をやさしく解説しますFX取引での成行注文とはどんな注文方法なのか、について解説します。成行注文の仕組みは?他の注文と何が違うの?注文を出す手順は?メリット・デメリットは?を詳しく説明していきます。...

【指値注文】有利になる価格を指定する注文方法

FX取引の注文方法

指値注文とは「為替レートがこの価格になったら注文する」と売買価格をあらかじめ設定して発注する注文方法です。

指値注文は新規・決済どちらの注文でも可能で、今現在の為替レートより条件がよくなる価格を設定します。

つまり、

  • 「買」の指値注文では今の為替レートより安い価格で発注する
  • 「売」の指値注文では今の為替レートより高い価格で発注する

って感じです。

FX取引の注文方法指値注文

「今よりも良い条件」が設定価格になるので、「今すぐに約定させる成行注文」よりも多くの利益が狙えますね。

為替相場がある程度読めるようになってきたら、指値注文にチャレンジするのも良いかと思います。

ということは成行注文よりも、指値注文の方が優れてる?

と思うかもしれませんが、そうとは言えず、

指値注文することのデメリットもあるよ。

どちらが優れているとうことはなく、状況によって適した注文方法があるという感じです。

指値注文についてはこちらの記事で詳しくまとめました。

FXの指値注文とはどんな注文方法?【使い所やメリット・デメリット】FX取引での指値注文とはどんな注文方法なのか、について解説します。指値注文の仕組みは?他の注文と何が違うの?どんな特徴があるの?メリット・デメリットは?を詳しく説明していきます。...

あわせてご覧いただければと思います。

【逆指値注文】不利になる価格を指定する注文方法

FX取引の注文方法

逆指値注文とは、名前のとおり「指値注文の逆の設定をする注文方法」です。

指値注文では「今の為替レートよりも条件が良くなる価格」で発注しましたが、逆指値注文では「今の為替レートよりも条件が悪くなる価格」で発注します。

つまり指値注文の逆で、

  • 「買」の逆指値注文では今の為替レートより高い価格で発注する
  • 「売」の逆指値注文では今の為替レートより安い価格で発注する

って感じです。

FX取引の注文方法逆指値注文
今よりも悪くなる価格を設定?何のために??
あえて不利な条件で発注するのは、ちょっと謎かもしれませんね。

ですがFX取引で、逆指値注文を用いる場面は割と多くあります。

逆指値注文の役立つ場面やメリット・デメリットなど、詳しくはこちらの記事でまとめました。

FXの逆指値注文とはどんな注文方法?【使い所やメリット・デメリット】FX取引での逆指値注文とはどんな注文方法なのか、について解説します。逆指値注文の仕組みは?他の注文と何が違うの?どんな特徴があるの?メリット・デメリットは?を詳しく説明していきます。...

こちらも、あわせてご覧いただければと思います。

ここまでで紹介した「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」はFXの注文方法の中でも基本的なものです。

この3つをきちんと押さえていれば、これ以降の注文方法もすっと理解できるはず。

まずは、成行注文・指値注文・逆指値注文からマスターしよう!
ほい

【IFD注文】新規・決済を同時に発注する注文方法

FX取引の注文方法

IFD注文とは「If done(イフダン)注文」を省略した名称です。

IFD注文では「新規注文と、その注文が約定した時の決済注文」を同時に発注します。

FX取引の注文方法IFD注文

IFD注文が役立つとき

リアルタイムで為替レートを見続けることができず、指値注文や逆指値注文を利用したい方もいるかと思います。

そんな方々が不安なのは、新規注文が約定した後に想定される

  • 含み益が最大になっていた時を見逃して、利益を取り損ねた
  • 為替レートがどんどん悪くなり、大きな含み損を抱えてしまった

というような値動きだと思います。

含み益とは?

いま保有している通貨を決済した時に発生する利益のこと。

含み損とは?

いま保有している通貨を決済した時に発生する損失のこと。

こんなときでもIFD注文では、あらかじめ決済注文まで含めて発注できるので安心です。

IFD注文は、サラリーマンや主婦のお仕事をしながらFX取引をやりたい、という方のお悩みを解決してる注文方法ですね。

IFD注文は新規注文でのみ有効な注文方法です。

【OCO注文】2種類の注文を同時に発注する注文方法

FX取引の注文方法

OCOとは「One Cancels the Other」の略です。

では、OCO注文とはどういうものかと言うと、同時に2種類の注文を発注する注文方法です。

もっとも一般的なのは「指値と逆指値」を同時に発注するパターンですかね。

FX取引の注文方法OCO注文

OCO注文が役立つとき

IFD注文と同様にリアルタイムで注文できない時には、

  1. 含み益がこの金額になったら利確の決済をしたい(指値注文)
  2. 含み損がこの金額になったら損切りの決済をしたい(逆指値注文)

というような、得するときと損するときの設定をカバーしたいものです。

そんなお悩みもOCO注文なら解決できますね。

なお、OCO注文では片方の注文が約定した場合には、もう片方の注文は自動でキャンセルされます。

手動でのキャンセル不要。
発注してからは放ったらかしで良いんだね。

ここでは「指値と逆指値」を例に紹介しましたが、「指値と指値」「逆指値と逆指値」の組み合わせもOCO注文では可能です。

また、OCO注文は新規注文と決済注文のどちらでも利用できます。

【IFO注文】IFDとOCOを組み合わせた注文方法

FX取引の注文方法

IFO注文はIFDOCO注文とも呼ばれ、IFD注文とOCO注文を同時に発注する注文方法です。

つまり、

  1. 新規注文が約定したら、それと同時に決済注文を発注する(IFD注文)
  2. その決済注文は「利確の指値注文」と「損切りの逆指値注文」の2種類を発注する(OCO注文)

こんな複雑な設定が、一度の注文でできちゃうのです。

FX取引の注文方法IFO注文
なんとも贅沢な注文方法!
注文方法ぜんぶトッピングって感じやね。

IFO注文を発注すると、

  • 新規注文を約定させる価格
  • 約定した新規注文を利確する価格
  • 約定した新規注文を損切りする価格

以上を全てコントロールできます。

ここまで管理できれば、常に注文画面に張り付けない方でも安心して注文できますね。

IFD注文と同じく、IFO注文も新規注文でのみ有効な注文方法です。

【トレール注文】値幅を設定をレートを追う注文方法

FX取引の注文方法

トレール注文は逆指値注文の応用的な注文方法です。

注文設定は、逆指値注文と同じように「今のレートより悪くなる条件」で発注します。

このとき逆指値注文は「価格」を設定しますが、トレール注文は「値幅」を設定します。

FX取引の注文方法トレール注文

その後レートが悪くなり、発注した値幅の価格に到達したら決済注文が約定。

これは逆指値注文そのものですね。

FX取引の注文方法トレール注文

反対にレートが良くなる方に動いたら、約定価格も値幅を維持するようにレートを追い続けます。

FX取引の注文方法トレール注文

ここからレートが悪くなっても、いちど有利側に動いた約定価格は不利側に動くことはありません。

なので約定価格はどんどん良い条件になるよう更新され続け、レートが約定価格に触れたところで決済となります。

FX取引の注文方法トレール注文
損切りで設定したはずの逆指値がいつの間にか、利確になってるってことも♪
これは嬉しい設定!

トレール注文の基本的な考え方はこんな感じですが、細かい設定方法やルールはFX会社によって異なります。

各社のルールをきちんと確認しておきましょう。

FX取引の注文方法|まとめ

以上、FX取引の注文方法でした。

ポイントをまとめると、

  • 「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」は基本的な注文方法なので、まずはこれを理解しよう
  • 「IFD注文」「OCO注文」「IFO注文」は常に注文画面を見れない人におすすめな注文方法
  • 「トレール注文」は逆指値の約定価格を有利側に随時動かしてくれる注文方法

って感じです。

自分にあった注文方法や取引スタイルを確立していきたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上ですっ!