投資の基礎知識

FXのOCO注文とは?【仕組みや使い方、メリット・デメリット】

カエルくん
カエルくん

FXのOCO注文とはどんな注文方法なの?

どういう仕組みで、どんな時にメリットがある?

デメリットもあるのなら教えて!

というわけで「FXのOCO注文とは?」について解説します。

今回この記事は、

  • OCO注文のことを詳しく知りたい
  • FXの注文方法をいまいち理解していない

といった方の疑問を解消するものとなっています。

キザルくん
キザルくん
それじゃ始めますっ!

OCO注文とは2種類の注文を発注する仕組み

FXのOCO注文とは

FXのOCO注文とは「異なる2種類の注文を同時に発注する」注文方法です。

例えば、FX取引でポジションを保有していて、

  1. レートが不利になったら損切りしたい
  2. レートが有利になったら利確で決済したい

こんなときに、2種類の注文を発注できるOCO注文は役立ちますね。

FXのOCO注文とはOCO注文
どっちに転んでも対策バッチリ。
なんと有能な注文方法!

なお、OCO注文でどちらかの注文が約定したときには、もう片方の注文は自動でキャンセルされます。

キャンセル手続きする必要はありませんよ。

ちなみにOCO(オー・シー・オー)とは「One Cancels the Other(≒ 一方が約定すると、もう一方はキャンセル)」の略。

OCO注文の使い方

FXのOCO注文とは

OCO注文の使い方としては先述の、

  1. レートが不利になった場合の損切り
  2. レートが有利になった場合の利確

といった、決済注文での利用がもっともメジャーな使い道でしょう。

そのほかにもこんな使い方もあります。

レンジ相場での「指値」と「指値」

OCO注文は決済注文だけでなく、新規注文でも利用できます。

例えば、ある通貨ペアがレンジ相場を形成しているとき、チャートはこんな感じになっています。

FXのOCO注文とはレンジ相場
レンジ相場とは?

ある価格帯の中で上がったり下がったりを繰り返す相場。

レンジの中では自由に動いていますが、レンジの上限と下限で必ず反発していますね。

FXのOCO注文とはレンジ上限と下限で反発する

この後も同じような値動きが続くことが予測できるので、

  1. レンジ上限に「売」の指値注文
  2. レンジ下限に「買」の指値注文

という2種類の注文を組み合わせたOCO注文を仕掛けておきます。

どちら側に相場が動いても、レンジの淵で新規注文を約定させて、最大限の利益を狙う手法ですね。

FXのOCO注文とは反発を狙って売買を仕掛ける
こんなことも出来るんだ!
なかなか高度なテクニックやで。

レンジ相場を抜ける時の「逆指値」と「逆指値」

前節のOCO注文のさらに応用編です。

相場がレンジの上限か下限、どちらかを破るときを「ブレイク」と言います。

相場がブレイクすると、突き抜けた方向に爆発的にレートが進む傾向があります。

FXのOCO注文とはレンジ相場からのブレイク

ここで大きな利益を狙うために、

  1. 上限をブレイクを想定した「買」の逆指値注文
  2. 下限のブレイクを想定した「売」の逆指値注文

という2種類の注文を組み合わせたOCO注文を仕掛けておきます。

これでどちら側にブレイクしても、その瞬間を逃さず捉えて新規注文を約定させられる仕組みです。

うまくハマれば、ブレイクした後に大きな利益が期待できますね。

FXのOCO注文とはブレイクを狙って売買を仕掛ける
これもなかなか難易度高そう。。
初心者の方にはあまりお勧めしませんw
一応、こんな使い方もあるよってことでの紹介だよ。

OCO注文のメリット

FXのOCO注文とは

OCO注文には以下のようなメリットがあります。

相場の動きを完全にカバーできる

為替レートは常に変動するので、いま現在以降の相場は「上がるか」「下がるか」の2パターンしかありません。

2種類の注文ができるOCO注文では、相場がその2パターンどちらに進もうとも、確実に捕まえることができます。

FXのOCO注文とはどちらに動いても約定させられる

この対応力の高さがOCO注文の大きなメリットですね。

片方だけの注文じゃ、もう片方はカバーできないからね。
どう動こうとも手のひらの上にある感じで安心だ。

注文画面に付きっきりにならなくて良い

OCO注文は、価格を設定して発注する仕組みです。

あとはレートがその価格に到達すれば機械的に注文されるので、注文画面を見続ける必要がありません。

ご飯食べてる時も、寝ている時も、勝手に売買してくれる♪
会社勤めの人や、副業でFXやりたい人には最適だね。

OCO注文のデメリット

FXのOCO注文とは

決済をOCO注文で、

  1. 不利になった場合の損切り
  2. 有利になった場合の利確

このように発注した場合、利益を取り損ねることもあります。

FXのOCO注文とは利確しなければもっと利益が出ていた

上図のように、勢いよく上昇する相場は、利確の設定価格に到達した後もどんどん上昇していく事があるからです。

この場合は早々に決済してしまったのが裏目に出てしまいましたね。

というわけで、相場の動きを観察できるときにはOCO注文せず、値動きをチェックしながらの決済が良いこともあります。

ただしこの場合でも、損切りの逆指値注文は発注しておくことをお勧めします。
損切りのリスク管理は絶対だね。

FXのOCO注文とは?|まとめ

以上、「FXのOCO注文とは?」についての解説でした。

ポイントをまとめると、

  • OCO注文は、異なる2種類の注文を同時に発注できる注文方法
  • 設定価格になったら機械的に売買されるので、頻繁に取引状況を為替レートやチャートを見れない人にもおすすめ
  • 相場の値動きをチェックしながら売買できるときには、OCO注文をしない方が良いこともある

って感じです。

OCO注文は副業FXにも強い味方ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

以上ですっ!