投資の基礎知識

FXの指値注文とはどんな注文方法?【使い所やメリット・デメリット】

カエルくん
カエルくん
FXの「指値注文」ってどんな注文方法?
どういう特徴があって、メリット・デメリットにはどんなことがあるの?
キザルくん
キザルくん
こんな疑問を解消していくよ!

FXを始めたばかりの方は「FXにはどんな注文方法があって、それぞれどんな特色があるのか」でお悩みかと思います。

FXには様々な注文方法がありますが、その中でも「指値注文」はベーシックな注文方法のひとつです。

今回この記事では、

  • FX取引での指値注文とはどういうものか
  • 指値注文の特徴や使い所
  • 指値注文のメリット・デメリット

といった「FXの指値注文とは?」について、あれこれ解説していきます。

「これからFXを始めたい」「最近FXを始めたばかり」といった方々にもやさしい記事となっていますので、安心してご覧ください。

それじゃ、始めるよっ!

FX取引の指値注文とは?

FX取引の指値注文とは

指値注文とは「為替レートがこの価格になったら注文する」と売買価格をあらかじめ設定して注文する方法です。

注文する段階で価格を決めておくんだね。
値段を指定するから「指値注文」って覚えよう。

指値注文は新規・決済どちらの注文でも可能で、今現在の為替レートより条件がよくなる価格を設定します。

どういう事かと言うと、

  • 「買」の指値注文では今の為替レートより安い価格を設定する
  • 「売」の指値注文では今の為替レートより高い価格を設定する

という感じです。

FX取引の指値注文とは指値注文で設定する価格(新規・決済注文共通)

そして、為替レートが指値注文で設定した価格になったら約定やくじょうする、という流れになります。

FX取引の指値注文とは指値注文の仕組み
約定(やくじょう)とは、FX取引において売買が成立すること。

以上より、指値注文は「安く買って、高く売る」ための注文方法とも言えますね。

指値注文は「成行注文」とともにFX取引でも代表的な注文方法なので、確実に理解しておきましょう。

指値注文とは、どういう場面で役立つ注文方法?

FX取引の指値注文とは

指値注文を使うとどのような効果があり、どういう状況で有効なのか。

  • 同じ為替レート
  • 同じ値動き予測

という状況での「指値注文」と「成行注文」の比較を例に見ていきます。

条件
  1. 通貨ペア:米ドル/日本円
  2. スタート時:1米ドル100円
  3. 値動き予測:90円まで下落し、その後110円をピークに上昇
指値注文の場合

ここでは1米ドル90円に下落することを見込んでいるので、スタート時点で指値注文を発注しておきます。

この後、予測どおりの値動きで新規注文が約定。

この時点で、1米ドル110円の決済注文を発注します。

さらにその後も予測どおりに為替レートが動き、指値注文どおりに決済されました。

FX取引の指値注文とは指値注文では発注したとおりに約定

以上のように指値注文では、

  • この値段になったら新規注文する
  • この値段になったら決済注文する

という感じに為替レートが動く前に、注文を仕掛けておくことが可能です。

予測したとおりに為替レートが動いてくれれば、あとは勝手に仕掛けた注文が約定するので、最大限の利益が発生しますね。

成行注文の場合

一方、成行注文では為替レートの動向を常にチェックし、リアルタイムでの売買になります。

ここでは、注文画面を見れなかった時に絶好の売買チャンスが訪れ、そのタイミングを逃してしまいましたね。

FX取引の指値注文とは成行注文では注文のタイミングを逃してしまった
指値注文していたら、チャンスは逃さなかったのに!
利益を取りこぼしちゃったね。

このように指値注文は、為替レートの動きがイメージできる状況で、大きな利益を望めるため、

  • 予測した為替レートの値動きで最大限の利益を狙うとき
  • 一度の売買でより多くの利益を狙うとき

などで有効な注文方法です。

仮に、為替レートが予測しない動きをして「なんか違うな。。」って思ったときには、約定する前の指値注文はキャンセルすることもできます。

指値注文のメリット

FX取引の指値注文とは

指値注文には次のようなメリットがあります。

指値注文のメリット
  • 成行注文よりも利益が狙える
  • 為替やチャートの監視が不要
  • 感情に左右されない
  • スリッページが原則発生しない

成行注文よりも利益が狙える」は先ほど解説したとおりです。

そのほか見ていきましょう。

為替やチャートの監視が不要

指値注文は注文価格を設定して発注するスタイルなので、あとは為替レートがその価格に動くまで放ったらかしでOKです。

一方、リアルタイムで発注する成行注文では、自分の注文したい価格になるまで、

じーーーーーーーーーーーっ

とパソコンやスマホ画面の前で待機しなければなりません。

わりと地獄。。

なので、為替レートやチャート画面を常時見ることができない、サラリーマンや主婦の方にも利用しやすい注文方法です。

感情に左右されない

成行注文では、希望の価格になったとしても「注文する?しない?」の最終的な判断は自分自身で下すことになります。

このときに、

もっと待っていれば、さらにいい条件になるかも。。

という心理が働き、なかなか注文に踏み切れないことがよくあります。

永遠に取引画面の前か離れられない。。

そして注文を見送った結果、「結局あのとき注文しときゃ良かった。。」となったときのショックは相当大きいです笑(体験談)

一方、指値注文では設定した価格になったとき、機械的にスパッと注文が実行されます。

そこに人間の感情はいっさい影響しないので、完全ストレスフリーですね。

時間的にも精神的にも、指値注文の方が合理的だと言えるね。

スリッページが原則発生しない

指値注文では「スリッページ」が原則発生しません。

スリッページとは?

スリッページとは、

  1. 注文を発注したとき
  2. その注文が約定したとき

この間に為替レートが変動し、注文時とは異なる価格で約定すること。

思わぬ価格で約定してしまうアクシデントもないので、安心して注文を発注できますね。

なお、スリッページが発生する状況では、「約定させない」というシステムを採用しているFX会社が多くあります。

この仕様は、FX会社によっても異なります。

各社の取引ルールをきちんと確認しておきましょう。

指値注文のデメリット

FX取引の指値注文とは

メリットだけではなく、指値注文にはデメリットもあります。

指値注文のデメリット
  • 注文が約定しない
  • 新規注文の約定から一気に含み損を抱える
  • 大きな利益を得る前に決済してしまう

それぞれ見ていきましょう。

注文が約定しない

指値注文は「価格を指定して注文を発注する」仕組みでしたね。

これは逆に言えば「指値注文した価格にならない限り、発注した注文が約定されない」ことになります。

ということは、例えば1米ドル100円のときに、1米ドル90円の指値注文を発注したとします。

FX取引の指値注文とは1米ドル100円からスタート

この後、レートが変動して指値注文した1米ドル90円まで近づきましたが、そこに到達せず直前で反発してしまいました。

FX取引の指値注文とは新規注文が約定せず

その後、米ドル/日本円はぐんぐん上昇。

指値注文の設定値のわずかな差で、大きな利益を取り損ねましたね。

こういうことは指値注文ではよくある話。
なんだか損した気分。。

新規注文の約定から一気に含み損を抱える

前節の「約定されない」は損失も発生しないので、まぁOKで切り替えましょう。

問題は約定された後の値動きで、これは大きな損失になり得る問題です。

先ほどと同様に、1米ドル100円のときに、1米ドル90円の指値注文を発注します。

FX取引の指値注文とは1米ドル100円からスタート

今回は無事、為替レートが注文価格まで変動し、約定しました。

FX取引の指値注文とは1米ドル90円で約定

ですがこの後、米ドル/日本円が上昇する保証なんてどこにもありません。

このまま下落し続けることも考えられますよね。

最悪なことを考えると、ここで未曾有の大暴落がおきて、1米ドル50円になる可能性だって0%じゃありません。

FX取引の指値注文とは勢い余ってそのまま下落

そんな時には、「1米ドル90円で約定」から「40円分の含み損」という一連の流れが瞬く間に起きてしまいます。

含み損とは?

いま保有している通貨を決済した時に発生する損失のこと。利益が出る場合は「含み益」と呼ばれ、両方合わせて「含み損益」と呼ばれる。

一瞬で莫大な含み損。。こわ。
訳の分からぬまま大暴落のジェットコースターに乗せられたね。

大きな利益を得る前に決済してしまう

もう一度、先ほどまでと同じ条件を想定します。

FX取引の指値注文とは1米ドル100円からスタート

今度は1米ドル90円で約定し、さらなる下落は発生しませんでした。

FX取引の指値注文とは1米ドル90円で約定

ここで決済注文を、1米ドル110円の指値注文で発注しました。

その後、この価格にも到達して決済され、指値注文の売買で利益を得ることができましたね。

FX取引の指値注文とは反発し上昇。1米ドル110円で決済

ところが「米ドル/日本円」の上昇した勢いはここに留まらず、さらにぐんぐん上昇します。

FX取引の指値注文とは勢い余ってそのまま上昇

結果的に1米ドル110円で早々に決済してしまったため、もっと得られていたはずの利益を取りこぼしてしまいました。

指値注文にはこんなデメリットもあるんだよ。。
得したのに損した気分だわ。

FX取引の指値注文とは?|まとめ

以上、FX取引の注文方法のひとつ「指値注文とは?」に関する解説でした。

まとめると、

  • 指値注文とは、いま現在の為替レートより良い条件での売買価格を指定して注文する方法
  • 為替レートやチャートを常にチェックする必要がないので、まとまった時間が確保できない方にもおすすめ
  • 為替の値動きによっては、利益を取り損ねることや大きな含み損を抱えることもあり得る

って感じです!

FX取引の注文方法で「指値注文」はメジャーな注文方法のひとつです。

きちんとマスターして、正しく売買していきたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

以上です!